まるで海のロケット!求愛行動がアクロバティック過ぎる“イトマキエイ”とは

  動物

”イトマキエイ”の大群が水中から空中に向かってジャンプしていく映像が、アクロバティックで凄すぎると話題になっています。

イトマキエイとは

イトマキエイ【Mobula japanica】 エイ目イトマキエイ科の海産魚(イラスト)。
頭部前端の左右にコウモリの耳のような形のひれ(頭鰭(とうき))があり、これが糸巻を連想させることに由来した名称。胸びれを広げたときの形から英名はdevil fishまたはdevil rayという。

出典:kotobank.jp

余談

出典:twitter.com

ちなみに“オニイトマキエイ”こと“マンタ”と“イトマキエイ”は近縁種なのですが、別の種類のエイなんですよね。

出典:youtube.com

“マンタ”は最大8mにもなるのに対して“イトマキエイ”は約3mほどとサイズはかなり劣るようです。

大きさだけでなく、エサを食べる口の位置なども微妙に違うと言われています。

小さいとはいえ3mもの巨大な身体を持っているイトマキエイですが、愛のためならなんのその!

そのアクロバティックな求愛行動が話題を集めています。

こんなに可愛い子があられもない姿に・・・

動画はこちら
次のページへ

 - 動物 ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード