恐怖の瞬間!逃げも隠れも出来ない山の上で、熊に遭遇してた男性の勇気ある行動!

  動物

見晴らしの良い丘の上で男性が熊に遭遇した映像が公開されていましたのでご紹介いたします。

日常生活で熊に出会うことはまれなケースだとは思いますが、もし、万が一クマに遭遇してしまった場合どのような対処を取るべきなのでしょうか?

今回ご紹介する映像では、実際に熊に遭遇した男性が、ある方法で熊を追い払うことに成功しています。

熊が人を襲う理由は3つ

1,食べる目的で襲うことがあり(月輪熊は稀)、この場合は人を執拗に攻撃し、倒した人間をその場で喰うこともあるが、多くは己の安心できる藪の中や窪地や小さな沢地などに人を引きずり込む。

2,戯れ苛立ちから襲うこともあり、襲う熊は2,3歳の若熊に限られている。この場合は頭を下げ、毛を逆立て半ば白目を出して上目ずかいに人を睨みながらにじり寄り、「ファ!、ファ!」と威嚇しながらちょくかいを掛けてくる。

3,人をその場所から排除するために襲うことがあり、その理由は不意に人と出会ったときの不快感から興奮しての先制攻撃(人から反撃されて、熊が直ぐに人から離れ逃げ去る場合はこれである)や、子連れの母熊が子を守るための先制攻撃がある。この種の事故を予防するには、鈴や笛を鳴らして歩くと良い。  

また人が持参している食物や作物家畜などを奪う目的、あるいはすでに確保した物や場所を保持し続けるのに邪魔な人間を排除するために襲う場合もある。越冬穴の存在に人が気ずかず穴に近ずいたために、穴から熊が飛び出し襲ってきたというのもある。

出典:www.yasei.com

万が一熊に遭遇してしまったら?

1.必ず鉈を携帯する(武器として実用的な物であること)

2. 音の出る物(ラジオや鈴など)で、常時音を立てて歩くと、辺りの音の異常が感知し難いので、要注意である。それよりも、時々声を出すか、笛を吹いた方がよいと思う。

3. 辺りを充分注視しながら進む。見通せる範囲はもとより、その先の死角部分では、特に歩調をゆっくり遅めて、注視すること。

4. 万が一熊に出会ったら(20m以上距離がある場合)、走らないで、熊の様子を窺いながら、熊から離れること。

5. 距離が10数mないし数mしかない場合は、その場に止まりながら、話しかけること(最初は普通の音声で、それからは大声で)。そして熊が立ち去るのを待つ。自分も少しずつその場から離れてみる。

6.(私は未経験だが)、側にのぼれる木があればのぼり逃げる。襲ってきたら死にものぐるいで鉈で熊の身体のどこでもよいから叩く。

出典:www.yasei.com

ちなみに、よく言われる死んだふりというのは1番やってはいけない行動だそうです。

果たして、実際に熊を追い払った男性は、いったいどんな行動をとったのか?

それではこの後、気になる一部始終をご覧ください。

こんなに可愛い子があられもない姿に・・・

動画はこちら
次のページへ

 - 動物 , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード