『こち亀』40周年・舞台に引き続き、アニメ化決定!8年ぶりにフジテレビへ復活

原作の連載が40周年を迎える『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に新展開!

『こち亀』連載40周年を迎える2016年に…

出典:blog.nicovideo.jp

1977年7月9日に発売された『こち亀』の第1巻

週刊少年ジャンプで1976年に連載がスタートした『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が今年連載40周年を迎えます。

老若男女から長年愛されている『こち亀』が2008年以来、8年ぶりに再びアニメとして復活することが発表されました!

連載40年を迎えるこち亀の最新刊はなんと“199巻”に突入!!

200という大台までもう1巻…本当に凄いですね。

現在、100巻以上を発売しているマンガというと、

「ゴルゴ13」181巻
「美味しんぼ」106巻
「クッキングパパ」130巻

などの作品がありますが、いずれも200巻までは到達していません。

最も多くの冊数を発売しているのは「手塚治虫漫画全集」の全400巻です。

しかし、こちらは漫画全集ですから土俵が違いますね!

現在連載中のコミックスの中で最も多くの巻数を発売している作品は『こち亀』で間違いないと思います!

さらに、連載開始からいままで休載が一度も無いというから驚きです…。

コミックスの総発行累計部数は脅威の1億5650万部を超え!!

流石としか言いようがありませんね。

新作アニメもあの声優達が続投!

出典:www.oricon.co.jp

両津勘吉役の声優といえばラサール石井さん。

今年公開される舞台版で両津を演じることで話題になりましたが 更にアニメでも、声優を続投!

ラサール石井のほか、秋本麗子:森尾由美/中川圭一:宮本充/大原大次郎:佐山陽規など、 前作から馴染みのある声優陣がそのままキャラクターに命を吹き込みます。

2016年の日本を反映した世界観

出典:www.sankei.com

今回は東京の下町で、両津とその仲間たちが繰り広げるスケール感の大きなストーリーがみどころとなる。
高橋知子プロデューサーは「両さんのホームグラウンドである下町を舞台に、大アクションドタバタコメディーが展開していきます。
これまでの設定を生かしながらスカイツリーなどリアルな2016年の世界観をふんだんに取り入れて制作しています。
懐かしいけど新しい2016年のこち亀をどうぞお楽しみに!」と呼びかけている。

出典:headlines.yahoo.co.jp

メインビジュアルにも、スカイツリーが描かれるなど現代の日本を反映している新こち亀アニメ!
きっとまたお茶の間に笑顔を運んでくれる明るく楽しい作品になるでしょう。
さらに、40週年を記念して『こち亀展』の開催も決定! 詳細も明らかになりました。

こんなに可愛い子があられもない姿に・・・

動画はこちら
次のページへ

 - アニメ・ゲーム ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

  関連記事

人気キーワード