ラサール石井がハマり過ぎてwww舞台版『こち亀』ビジュアル公開!!

連載40周年を記念して舞台化される「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のメインビジュアルが公開!

舞台【こち亀】 炎に包まれた劇的なメインビジュアル公開!

出典:natalie.mu

さながらアクションハリウッド映画のような今回のビジュアルは、両津勘吉役のラサール石井さんによると、本編とも関わりのあるものに仕上がっている、とのこと・・・!
いったいどんな作品になるのか! 続報をお待ち下さい!!

出典:blog.goo.ne.jp

先日公開になった舞台【こち亀】のメインビジュアル!

ほのぼのとした原作のギャグテイストな雰囲気とは裏腹に、なんだか騒々しい雰囲気に仕上がっています。

スケールの大きい舞台になりそうですね。

出典:laughy.jp

そして今回はなんと、脚本・演出・出演にラサール石井さんを迎えることが決定!

1999年から2006年までに4回舞台化している【こち亀】ですが、全てラサール石井が両津勘吉を演じていました。

しかし2009年にTVで放送されたドラマ版では主人公の両津勘吉役を香取慎吾が演じていましたね。

それには深い理由があったとか。

出典:matome.naver.jp

ドラマ版が決定した際、ファンの間で「両津はラサール石井!」と決定事項のように囁かれていましたが意外なことに香取慎吾に決定。

原作者も、ラサール石井を指名したとのことでしたが、なんと本人が辞退したということです。

その理由はラサール石井本人が年齢やスケジュールを考慮してとのこと。

▼ラサール石井さんのブログより抜粋

ただ、私も自分のことはよくわかっています。
ゴールデンタイムの連続ドラマを担う主役と考えた場合、自分の任や年齢的な事も考え、 またそれをこなすスケジュール調整も実際に難しいこともあり、 「どうぞ、私のことは気にせず、自由な人選をお願いします」とお伝えしました。

出典:ameblo.jp

こんな経緯から、ラサール石井はドラマ版で両津の父というポジションになったということなんです。 そして、そんなドラマ化から7年を経て再びの舞台化。

両津勘吉を演じることはラサール石井さんにとっても嬉しいことなのではないでしょうか。

出典:ishii-mitsuzo.com

▼ラサール石井コメント

「こち亀」40周年の記念すべき節目に再び両津勘吉を演じられることになり、とても嬉しく思います。
かつての舞台「こち亀」チラシと言えばコミックテイストな感じのビジュアルだったかと思いますが、 今回は一転、アクション映画・ハリウッド映画のようなイメージを提案してみました!
馬鹿馬鹿しくも「こち亀」ならではのパロディ感あふれる、格好いいビジュアルになったかと! とは言っても、後ろの炎は実は作品とも関係があり、ストーリーにも絡んでいて、あながち、ただマネしているわけではないのです。
本番もお楽しみに!!

出典:natalie.mu

舞台公演スケジュール

東京公演
日程:2016年9月9日(金)~19日(月・祝)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo

大阪公演
日程:2016年9月23日(金)~25日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ

出典:natalie.mu

ラサール石井さん演じる両さんがまた見れるなんて嬉しいですね!
40年の歴史ある作品「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の節目に相応しい舞台になることを願います。

 - アニメ・ゲーム , , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード