61歳とは思えない強靭な肉体!J・K・シモンズの役作りに対する情熱がハンパない!

『スパイダーマン』の新聞社の編集長役や、『セッション』の鬼教師役で知られるJ・K・シモンズの筋肉がとても還暦を超えたとは思えないほどのムキムキぷりが話題になっています。

J・K・シモンズとは

出典:twitter.com

『スパイダーマン』シリーズでお馴染みチョビヒゲがトレードマークのJ・ジョナ・ジェイムソン新聞編集長役で知られている、御歳61歳のベテラン俳優です。

出典:twitter.com

また、2014年の映画『セッション』では主人公をスパルタで鍛え上げる鬼教師役を熱演し、「2014年公開の映画の中で、最も記憶に残った演技」と絶賛され、第87回アカデミー賞助演男優部門の受賞を果たしました。

出典:youtube.com

狂気のレッスンと衝撃のラスト9分19秒が絶賛される映画『セッション』。

出典:youtube.com

インタビューでは優しそうなオジさんに見えますが、『セッション』での鬼気迫る熱演は一度見たら忘れられない迫力です。

出典:twitter.com

また、現在ロングランヒットを記録している『ズートピア』では、ライオンハート市長の声を担当しています。

出典:youtube.com

そんな鬼気迫る演技を演じたJ・K・シモンズさんですが、還暦を既に迎えたおじいさんです。 普通に考えれば、筋肉が衰えていてもおかしくない年齢です、 ですが、プロは違いました。 J・K・シモンズさんの、ムッキムキなマッチョボディが凄まじいと話題になっているんです。

次のページへ

 - エンタメ , , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード