「笑点」の出演者プロフィールが完全に戦隊ヒーローのキャラ化してるwww

  笑い

50周年を向かえた現在でも高視聴率を記録する国民的な番組の「笑点」の公式サイトの出演者のプロフィール紹介がまるで、戦隊ヒーローキャラの紹介みたいだと話題になっています。

50周年を向かえても人気が衰えない「笑点」!

出典:twitter.com

出典:youtube.com

「笑点」は現在は演芸と大喜利の2部で構成されているが、その魅力は何と言っても、落語家の師匠たちのユーモア溢れる大喜利の魅力に尽きる!

そんな長寿番組の現在の顔と言えば

出典:twitter.com

番組開始当時から出演して、現在も司会として出演する桂歌丸師匠

出典:youtube.com

三遊亭円楽師匠と歌丸師匠との罵倒とののしり合いは「笑点」の名物とも言える

「笑点」メンバーのプロフィールが戦隊ヒーロー化問題!

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

これが「笑点」メンバーのプロフィール画像ですが、戦隊ヒーローみたいなのはどっちかというと、メンバーそれぞれのパーソナルカラーが戦隊ヒーローのパーソナルカラーとダブってるところが大きいと思います!

それよりも、落語のネタみたいな文章がユーモラス

例えば、林家木久扇師匠のプロフィールは

出典:twitter.com

本当に与太郎なのか、与太郎をよそおっているのか、 関係者の間でも意見の分かれるところ。
コタエができてないのに、にぎやかしで手をあげて、 指されて窮するのは、いつもキクちゃんだ。
ある時は浮世絵師、ある時は文士。
ある時はチャンバラ映画の解説者。
ラーメンの返品の山とも格闘する日々に、 「落語家は本業なの、副業なの?」と、 これまた意見の分かれるところだ。

出典:www.ntv.co.jp

みたいな感じで落語のネタのようなリズム感のある文章と、最後のクスッと笑えるオチがあって、実に「笑点」らしいプロフィール紹介で見てて素直に楽しますwww

このプロフィール紹介に対してネットでも

言われてみればという意見もあれば、やっぱ子供には笑点メンバーの着物の色は戦隊ヒーローみたいに見えるという意見もあったりします。

笑点メンバーのわかりやすいパーソナルカラーって言われてみれば戦隊ヒーローみたいに見えますよねw
敵を倒すんじゃなくて、人を笑わすことで人気者になるって、ある意味マッチョなヒーローよりも現代に必要な存在だと思います。
それが笑点メンバー!!

 - 笑い ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード