【閲覧注意】鶴の頭はなぜ“赤い”の?よ~く近くで見てみたら…【衝撃】

  笑い

日本で昔から愛されている鶴。

白と黒の体、頭の天辺の赤が映えてとても美しいですよね。

その“赤”なんで色づいているのか知っていましたか?

天然記念物【鶴】の本当の姿

「鶴は千年、亀は万年」とも言うように、古来よりおめでたい鳥として日本にも縁の深い【鶴】。

「鶴の恩返し」など、歴史的な物語にもなっていますね。

古くは「たず」と呼ばれ、平安時代以降に「鶴」と呼ばれるようになったようです。
古来より「鶴は千年」といわれ「長寿を象徴する吉祥の鳥」として、また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから 「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」の鳥として、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから 「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれるなど、民衆の間に「めでたい鳥」として尊ばれてきました。

出典:heartland.geocities.jp

【鶴】というと白と黒の体。

そして頭の天辺の赤色が象徴的ですよね。

さて皆さん問題です、この鶴の頭の“赤”。

なぜそこだけ赤いのでしょう?

毛の色?それとも鶏のとさかのようなもの?

なかなかじっくり観察することもできませんから、\その実態を知っている人は少ないのではないでしょうか。

間近でじっくり【鶴】の頭を見てみよう!

次のページへ

 - 笑い ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード