【合法化】Microsoftが大麻ビジネスに参入を決定!!

マイクロソフトが大麻の販売状況を追跡するソフトウェア開発の企業とパートナーシップを結んだことが判明し、話題に。

誰もが知っている有名企業、Microsoftが大麻ビジネスに参入!?

大麻と言えば生前のジョブも自分の人生に大きな影響を与えたのは、大麻と仏教の禅だと語っていました。

もしかしてこれがビルゲイツのジョブスリスペクトの形なのでしょうか?

というわけで、今回のMicrosoftの麻薬ビジネス参入のニュースについて調べてみました。

44億円以上の市場があるマリファナビジネス

出典:www.nytimes.com

現在コロラド州においてのマリファナ使用は、医療、娯楽を目的として解禁されています。

連邦政府ではまだマリファナの使用は違法とされており、コロラド州のようにいくつかの地域でのみ使用が解禁されているという状況にあります。

こういったビジネスはこれまで小規模な銀行などでしか取引がされていない現実があったのですが、大手企業のMicrosftが参入を決定したことにより、大きな注目を浴びています。

Microsftが合法性の保証をサポート

出典:www.nytimes.com

Microsoftは販売や製造に関して直接的に働きかける動きではなく、マリファナの合法性を保障するためのソフトウェアの開発、販売のパートナーシップを結んだというわけです。

これまで政府や州が販売されたマリファナの状況を追跡、把握するシステムは小さな企業に頼らざるを得なかったため、今回のMicrosoftの参入は今後大きなお金を生むとみられています。

そして2016年秋に予定されている、ある投票が注目されています。

出典:yuuma7.com

次のページへ

 - ライフ , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード