【驚愕】水に浮かぶ銀色の日本列島!3000枚の一円玉で作られたアート作品が凄い!

キラキラ輝く銀色の日本列島の正体はなんと一円玉!?

凄すぎる!一円玉を水に浮かべて作った日本列島

出典:twitter.com

キラキラと銀色に輝く日本列島。

なんとコチラの作品は“一円玉”を表面張力で浮かべて作ったものなんです!

出典:twitter.com

近づいて見てみると…、確かに一円玉だ!!

制作に使用した一円玉の数はなんと3000枚にも及ぶということです。

下に沈んでしまった一円玉を見ると、なんとも気が遠くなるような作業であることがうかがえます。

モチーフは古事記の国生み

国産み(くにうみ)とは、日本の国土創世譚を伝える神話である。
イザナギとイザナミの二柱の神は天の橋にたち矛で混沌をかき混ぜ島をつくる。
そして、『古事記』などではその後2神で島を産んだのである。

出典:ja.wikipedia.org

国産みをモチーフとした作品ということで、制作の際には“矛”を使用して一円玉を浮かべたんだとか。

出典:twitter.com

その姿は正に、イザナギとイザナミを彷彿とさせますね!

水面上には下書きもできませんから、作りながら形を整えていくんでしょう。

神経が削られそうな繊細な矛さばきが必要とされそうです。

出典:twitter.com

しかも、手元が少しでも狂うと水面が波打って全体に影響が出てしまいますよね…本当に大変そう!!

入りきらなかった沖縄は小さな桶に作られています。

なんだか可愛いですねww

では、制作過程を動画で御覧ください。

次のページへ

 - ライフ , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード