どんな時だってず~と一緒!片腕のない少女と隣に寄り添う3本足の犬の絆に感動

一緒に毎日を過ごす大切な家族、少女と1匹の犬の姿に心を打たれる。

世界の全ての人々へ、励ましと勇気を。

「世界の全ての人々へ、励ましと勇気を与えたい」

そう願いを込めてFacebookへ投稿された一枚の写真。

出典:www.facebook.com

写真に写るのは、生まれつきの片腕のない少女と3本足の犬。

この写真を投稿した少女の母親は、2人のことを“完璧なパートナー”と紹介しました。

疾患を抱えつつも笑顔で逞しく成長する2人の姿を通じて、 世界の人々へ「障がいを持っていたって前を見て強く生きていける」というメッセージを発信しています。

出典:www.facebook.com

オーストラリアに住むエラ・ペギーちゃんは3歳。

先天性の疾患により左腕を持たずに生まれてきました。

出典:www.facebook.com

「彼女のこれからの人生には大変な苦労も多いでしょう。」 エラちゃんの母親 ブルックさんはそう語ります。

想像してみてください、もしもあなたの片腕が無かったら…?

普段の生活で何不自由なくできていることが、当たり前ではなくなります。

周りと違う自分の姿を受け止めた時、周囲からの視線に晒された時、どんな気持ちになるでしょう。

想像しただけで、本当に多くの困難が思い当たります。

しかし、エラちゃんは今後待ち受ける苦難や悩みへ一人で立ち向かうわけではありません。

彼女の隣には愛犬のスノーウィーがいます。

出典:www.facebook.com

スノーウィーは、動物保護シェルターに収容されていた辛い過去があります。

母親のブルックさんは、シェルターが公開していた動画に映る左足がないスノーウィーの姿を見た瞬間に運命を感じたと言います。

「この子こそ、きっとエラのいいパートナーになるわ」と。

出典:www.facebook.com

ブルックさんは、スノーウィーの存在がエラちゃんの自信や自己肯定と繋がるようにという思いを込めてスノーウィーを引き取りました。

そして左前脚がないスノーウィー、そして左腕のないエラちゃんは出会ったのです。

2人は出会った時からずっと一緒に過ごして成長してきました。

次のページへ

 - ライフ

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード