【廃墟】ゴーストタウンと化した『FUKUSHIMA』に外国人写真家が挑んだ

マレーシアの写真家Keow Wee Loongさんが福島立ち入り禁止区域に侵入して撮影した写真が話題になっています。

2011年から立ち入り禁止区域に指定された福島第一原発周辺

福島の危険地帯の写真を見たことがありません。と語ったのは、マレーシアの写真家Keow Wee Loongさん。

私はレッドゾーンに入るとき、私が危険地帯に入った時に、目とのどに焼けるような薬品のにおいを感じました。

彼が福島の危険地域に足を踏み入れる時に、特別な許可が必要になったそうです。その手続きにかかった時間は3~4週間。多くの官僚の許可が必要なためにそれだけの期間が必要になりました。

『立ち入り禁止の柵を乗り越えて中に立ち入ったとき、驚くべき光景を見ました』

GoogleマップとGPSを頼りに、早朝から徒歩で2時間。森を抜けてたどり着いたのは双葉と浪江、大隈の町。

あなたは今、福島の危険区域が一体どうなっていると思いますか?

あなたはどんなお店にも100%自由に出入りし探索できます。そして、たった一人しかいないという実感を得ることでしょう。

若かった頃にこんなことを考えたのを思い出したそうです。

もし、スーパーマーケットを貸切にできたなら、チョコレートを全部食べてみたい。

地震、津波、事故が起きた5年前。人々はこの町から姿を消しました。

そして、危険地域に残されたのは、食品、お金、金、ラップトップやその他の品々、それはこの町にいた人たちの生活の後….。

この町に人が住むことは恐らく今後2度と訪れないことでしょう…。

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

次のページへ

 - ライフ , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード