リアルに『マチュピチュ』に見える!?日本の「天空の茶畑」が絶景すぎると話題に!!

15世紀のインカ帝国の遺跡とし有名な”マチュピチュ”のように見えるということで、岐阜県揖斐川町(いびかわちょう)の茶畑が「天空の茶畑」として人気を集めています。

インカ帝国の遺跡”マチュ・ピチュ”とは

マチュピチュは、15世紀のインカ帝国の遺跡のひとつで、アンデス山麓に属するペルーのウンバルンバ谷 の山の尾根にあります。
標高は、2430メートル! 山裾からその存在を確認できないため、「空中都市」と呼ばれることもあります。
この遺跡が何のためにつくられたかなど、まだ多くが謎に包まれた遺跡です。

出典:find-travel.jp

標高2000メートル以上の高地に建てられた遺跡はまさに、「天空の城」という言葉がぴったりで世界中の人たちが一度は行きたい観光スポットの一つとして有名な場所!

一方日本の”マチュ・ピチュ”で思い浮かべるのは

出典:twitter.com

天空の城として人気を集める兵庫県の竹田城を思い浮かべる!

他にも

出典:twitter.com

岡山県の備中松山城もここ最近、”日本のマチュピチュ”として話題になることが多い!

さらに「東洋のマチュピチュ」として有名なスポットとして

出典:twitter.com

愛媛県の別子銅山も有名!

そんな”日本のマチュピチュ”の一つに新たに加わりそうな絶景がこちら!

出典:twitter.com

本家”マチュピチュ”と比べても

この茶畑は

出典:twitter.com

切り立った山間の中に茶畑が広がる風景は、本家の山間に遺跡が階段のように続く景色と確かに似ている!

この”天空の茶畑”は岐阜県揖斐郡春日村の

出典:twitter.com

標高330メートルのところにある春日村上ヶ流地区という場所で、ここ数年”岐阜のマチュピチュ”・”天空の茶畑”として有名な絶景スポットして注目を集めるようになった!

そんな”天空の茶畑”に対して

景色の美しさには感動したという意見が多いけど、やっぱり山間ということで登るのがハードだという声もつぶやかれている。

世界的に有名な観光遺産・あるいは天空の城ブームに乗っかってる!?って、先入観が有りましたけど…完全に見誤ってました、ごめんなさい。
写真を見た感じでは、かなりの絶景なのは間違いなさそうです!
この場所に多くの人が惹きつけられるのも納得です!

 - ライフ , , , , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード