【緊急回避】世界恐慌が起こる可能性を予期した安倍総理にタイムリープ説が急浮上ww

増税の延期を決断した安倍総理。今回のEU離反による世界恐慌が訪れることを知っていた未来人かもしくはタイムリープをしたのではないか?とネット上で話題に。

安倍総理タイムリープ説の根拠?

と思われているものを、いくつかご紹介します。

世界恐慌を見こし、批判の声の中6月1日に増税延期の意志を発表

消費税率10%への引き上げをめぐり、安倍晋三首相は発言を徐々に変化させた。最初に先送りを表明した際は「再び延期することはない」と断言。

しかし、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)では2008年のリーマン・ショックを引き合いに世界経済が危機に陥る可能性を訴え、1日の記者会見では前言を翻して「増税は延期すべきだ」と言い切った。

出典:www.jiji.com

出典:gyazo.com

この直後に出演したテレビ番組では、「リーマン・ショックや世界的な経済緊縮状況、大変な天変地異のような事態が起これば国会で議論して法律を新たに出すことになる」と述べ、増税を再延期する余地を残した。  

ここで掲げた「リーマン・ショックのような事態」について、首相は今年1月の国会答弁で「世界経済の収縮」と説明し、解釈の幅を持たせた。

出典:www.jiji.com

出典:www.sankei.com

実は5月26日に行われた伊勢志摩サミットでは極秘資料を用意し説得を試みていた

安倍首相、サミットで配布「リーマン級」データを極秘裏に準備 

財務省などを関与させず側近らが作成 極秘裏に準備したのが、各国首脳に配布した「参考データ」だ。

少数の首相側近らが作成し、世界的な経済指標を例示しながら、2008年のリーマン・ショックと同程度のリスク要因があると印象づける内容。

出典:www.sankei.com

出典:yoshihiroueda.files.wordpress.com

安倍総理が提示したデータ

「リーマン・ショック直前に行われた北海道・洞爺湖サミットでは危機を防ぐことができなかった。そのてつを踏みたくない」  

首相は5月26日のサミットの経済討議で、配布した参考データを例示しながら、世界経済はリーマン・ショックと同じほど脆(ぜい)弱(じゃく)な状況にあると説明した。

出典:www.sankei.com

そして、この後、安倍総理の予想が的中。

起きてほしくない事件が起こってしまう…。

次のページへ

 - ニュース&話題 , , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード