【渡辺直美の抱えた闇】日本語わからず苦しんだ過去 救ったのはオリラジあっちゃん

  驚き

ハーフタレントの渡辺直美が、かつて日本語がわからず苦しんだ過去と、それを救った恩人について語りました。

渡辺直美の抱えた闇

出典:mrandmsreed.com

今や人気絶頂の女性タレント渡辺直美さんが9日、自信が台湾人とのハーフのために、日本語がうまく話すことができずに悩んでいた過去について明かしました。

出典:static.nikkan-gendai.com

子供のころの渡辺直美さんのあだなはマキバオーだったそうです。

出典:vosaventures.com

 幼い頃に両親が離婚し、台湾人の母親と2人で暮らしていた渡辺。

周囲の反対を押し切って芸人になったものの、日本語があまり得意ではなく“しゃべり”がままならなかった。

突然片言になったり、大喜利のお題の意味が分からずペンを持って書いているふりをしたこともあったという。

出典:news.livedoor.com

2期先輩のオリラジ中田に『言葉の意味がわからない』と相談をした。

その言葉で自身の最大の武器は“表現力”だと気づいた渡辺は、ニューヨークへの留学を決意。2014年5月から3カ月間芸能活動を休止し、エンターテイメントの本場で表現力に磨きをかけた。

出典:news.livedoor.com

そのときにオリラジ中田さんにもらったアドバイスから、自身を取り戻したという渡辺直美さん。

果たして、渡辺直美が自信を取り戻すきっかけになった、オリラジあっちゃんの『アドバイス』とは?

こんなに可愛い子があられもない姿に・・・

動画はこちら
次のページへ

 - 驚き , ,

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード