これがリアルな【溝落とし】!?『頭文字D』の藤原拓海が溝に落下して悲惨なことになってるww

  驚き

しげの秀一さんのマンガ『頭文字D』の主人公の藤原拓海の愛車として知られる「AE86 スプリンタートレノ」が川に真っ逆さまに突っ込んでいる写真が激写されて、藤原拓海が【溝落とし】に失敗したと話題になっています。

出典:twitter.com

走り屋たちが公道でバトルを繰り広げる『頭文字D』!

出典:twitter.com

『頭文字D(イニシャルディー)』はしげの秀一さん原作のマンガで1995年から2013年まで『週刊ヤングマガジン』で連載されて人気を誇りました。

出典:twitter.com

このマンガはいわゆるプロのレーシングレーサーではなくて、”走り屋”と呼ばれるプロではないドライバーたちが公道を舞台にレーシングバトルを繰り広げるのが魅力のマンガです。

そして、この作品の主人公が藤原拓海!

出典:twitter.com

『頭文字D』の主人この藤原拓海はダウンヒルで圧倒的にドライビングテクニックを持つドライバーとして登場します。

出典:twitter.com

藤原拓海の実家は豆腐屋で、中学生のころから拓海は父の文太の命令で豆腐の配達で車を運転していました。

出典:twitter.com

大事な商品の豆腐を無事に配達するために、紙コップに入れた水をこぼさないように運転することで拓海は類い稀なドライビングテクニックを獲得しました。

藤原拓海の愛車が

出典:twitter.com

通称”ハチロク”こと『AE86 スプリンタートレノ』です。

出典:twitter.com

作品の中では『藤原とうふ店(自家用)』の文字が入った”ハチロク”で、藤原拓海は強敵達との公道バトルで勝利をおさめていきます。

そして、運転テクニックの一つとして登場したのが【溝落とし】!

出典:twitter.com

【溝落とし】は藤原拓海が高橋啓介とのバトルで披露した技で、その名の通りタイヤの雨水溝に落とし込むことで峠のコーナーを最短距離で曲がるための技です。

ただし、この【溝落とし】は

出典:twitter.com

マンガだけではなくて実際に可能なテクニックを持つドライバーもいるのですが

出典:twitter.com

実際に実行してみて失敗して近所の人たちに迷惑をかけるケースも多発しています。

次のページへ

 - 驚き

スポンサードリンク

アドセンス(PC右上)

アドセンス(PC右上)

  今のあなたにオススメ

人気キーワード